旅行条件書-国内格安航空券・飛行機の最安値を比較検索 ひこうきなび

旅行条件書

1.手配旅行契約
(1)この旅行は株式会社ユーピーティー(以下「当社」)が手配する旅行であり
   お客様は当社と手配旅行契約(以下「旅行契約」)を締結することとなります。
(2)当社は旅行者の依頼により、旅行者のために代理・媒介・取次をすること等
   により旅行者が運送・宿泊機関等の提供を受けることができるように手配する
   ことを引き受けます。

2.旅行のお申し込みと契約の成立
(1)当社と契約を締結しようとする旅行者は、当社所定の申込書に所定の事項を
   記入の上、申込金とともにお申し込みいただきます。申込金は旅行代金、取消料
   などのそれぞれ又は一部として取り扱いします。
(2)手配旅行契約は、当社が契約の締結を承諾し申込金を受理した時に成立するもの
   とします。
(3)当社は書面による特約をもって、申込金の支払いを受けることなく契約の締結の
   承諾のみにより手配旅行契約を成立させることがあります。その場合、手配旅行
   契約の成立の時期は書面において明らかにします。
(4)当社は手配旅行契約の成立後速やかに旅行者に旅行日程、旅行サービスの内容、
   旅行代金などの旅行条件及び当社の責任に関する事項を記載した書面を交付しま
   す。ただし当社が手配するすべての旅行サービスについて乗車券類、宿泊券その他
   の旅行サービスの提供を受ける権利を表示した書面を交付するときは、当該契約書
   面を交付しないときがあります。
(5)前項の契約書面を交付した場合において、当社が手配旅行契約により手配する義務
   を負う旅行サービスの範囲は当該契約書面に記載するところによります。

3.契約内容の変更
(1)旅行者は当社に対して、旅行日程、旅行サービスの内容などの手配旅行契約の内容
   を変更するよう求めることができます。この場合において当社は可能な限り旅行者
   の求めに応じます。
(2)旅行者の求めにより契約内容を変更する場合、旅行者はすでに完了した手配を取り
   消す際に運送・宿泊機関等に支払うべき取消料、違約料やその他手配の変更に要す
   る費用を負担するほか、当社に対し当社所定の変更手続料金を支払わなければなり
   ません。又、契約内容の変更によって生ずる旅行代金の増加又は減少は旅行者に
   帰属するものとします。

4.契約の解除(旅行者による任意解除)
(1)旅行者はいつでも手配旅行契約の全部又は一部を解除することができます。
(2)手配旅行契約を解除したとき、旅行者はすでに旅行者が提供を受けた旅行サービスの
   対価として又はまだ提供を受けていない旅行サービスに係る取消料、違約料など
   運送・宿泊機関等に対して支払う費用を負担するほか、当社に対して所定の取消料
   及び当社が得るはずであった取扱料金を支払わなければなりません。

5.契約の解除(旅行者の責に帰すべき事由による解除)
 (1)旅行者が所定の期日までに旅行代金を支払わないとき当社は契約を解除すること
   があります。
 (2)前項の規定に基づいて手配旅行契約が解除されたときは旅行者はいまだ提供を
   受けていない旅行サービスに係る取消料、違約料など運送・宿泊機関等に対して
   支払う費用を負担するほか、当社に対して所定の取消料及び当社が得るはずであった
   取扱料金を支払わなければなりません。

6,契約の解除(当社の責に帰すべき事由による解除)
  (1) 旅行者は当社の責に帰すべき事由により旅行サービスの手配が不可能となったときは、
   手配旅行契約を解除することができます。
  (2)前項の規定に基づいて契約が解除されたとき当社は、旅行者がすでにその提供を
   受けた旅行サービスの対価として運送・宿泊機関等に対してすでに支払い、又は
   これから支払わなければならない費用を除いて収受した旅行代金を旅行者へ払い
   戻しします。尚、この規定は旅行者の当社に対する損害賠償の請求を妨げるもの
   ではありません。

7.旅行代金
(1)旅行者は当社が定める期間までに、当社に対して旅行代金を支払わなくてはなり
   ません。
(2)当社は旅行開始前において、運送・宿泊機関等の運賃・料金の改定その他の事由
   により旅行代金の変動を生じた場合は、旅行代金を変更する場合があります。
(3)前項の場合において、旅行代金の増加又は減少は旅行者に帰属するものとします。
(4)当社は実際に掛かった旅行代金とすでにお支払いいただいた旅行代金が一致しな
   い場合、旅行終了後速やかに旅行代金の精算をします。

8.責任(当社の責任)
(1)当社は手配旅行契約の履行に当たって、当社が故意又は過失により旅行者に損害
   を与えたときは、その損害を賠償する責に任じます。ただし、損害発生の翌日か
   ら起算して2年以内に当社に対して通知があったときに限ります。
(2) 旅行者が天災地変、戦乱、暴動、運送・宿泊機関等の旅行サービスの中止
    官公署の命令その他当社の関与し得ない事由により被害を被ったときは、その損害を
   賠償する責任を負うものではありません。
(3) 当社は、手荷物について生じた第1項の損害については損害発生の翌日から起算
   して14日以内に当社に対して通知があったときに限り旅行者1名につき15万円を限度
   (当社に故意又は重大な 過失がある場合を除きます)として賠償します。

9.責任(旅行者の責任)
 (1)旅行者の故意又は過失により当社が被害を被ったときは
   当該旅行者は損害を賠償しなければなりません。
 (2)旅行者は、旅行開始後において契約書面に記載された旅行サービスを円滑に受領
   するため、万が一契約書面と異なる旅行サービスが提供されたと認識したときは
   旅行地において速やかにその旨を当社へ申し出なければなりません。